若々しい肌に…

chi

知り合いのAさんはいつもお肌がきれい。年齢は定かではないけど60歳近いと聞いている。私より10歳以上も上なのにツヤツヤで、ほんのり薄付きのファンデーションでもきめ細やかなお肌だということがよくわかる。若いころからあんまりメイクはしなかったと聞くけど「いつもお肌が本当にきれいね。秘訣は何?」という問いに、にこにこ笑って「おいしく食べてよく寝ること」なのだそう。

エイジングケアにコラーゲン

q02

40代を折り返すようになると体のあちこちで「困ったこと」が起きてくる。特段食べ過ぎや怠け過ぎをしたわけでもないのに、体重が増えたり、大して太ってもいないのにやたら体が重たく感じるのだ。体が重い…と感じるようになると、さらに動くのがおっくうになる。これはいったいどうしたの?ようは体が年をとったわけ。老化だね…。そして単に体が肥えてきただけでなくさまざまなところで「今までなかったつらさ」とか「はじめて味わう痛み」とかを経験している。

コラーゲンが少なくなるとどうなるの?

q04

私たちの体の約16%がたんぱく質でできていると言われているよね。そのたんぱく質の30%はコラーゲンなんだって。皮膚にいたってはそこを占めるたんぱく質の7割がコラーゲンと言われているの。美肌を作るためにコラーゲンが必要なのは皮膚の内部のコラーゲンがお肌のハリやツヤを保って細胞同士をくっつけて保水効果を高めているためなのだ。しわやたるみが気になるのはコラーゲンの不足かもしれないよ。

フィッシュコラーゲンって?

q03

良質なコラーゲンを取り入れることができる「天使のララ」にはフィッシュコラーゲンが使われています。コラーゲンと聞くと煮こごりなどのプルプルのゼリー状を思い出すのですが、まさに煮魚の煮汁に溶け出して冷えたあの状態のぷりぷり状態がフィッシュコラーゲンなのだ。魚の皮とかうろこから取られている。お肉にも動物性コラーゲンって言うのが含まれてるけど、それと比べると組織が溶け出すのが早く消化機能に優れているため、吸収が早いということになるよね。

腰痛と戦う母

f

母は典型的な脊椎狭窄症で10年ほど前に手術した。若いころから激しいスポーツや定期的に健康のための運動はしたことがなく、ストレスの多いデスクワークであったため腰痛に苦しむとは思いもよらなかったはずだ。きっかけは交通事故のあとのリハビリがまだ十分なころではなかったので、体重が急激に増えてしまったこと。そのあとは生活習慣も手伝って、年齢を追うごとに骨も弱くなっていったと思われる。

コラーゲンできれいになろう!

c

どんなにボディオイルマッサージやスキンケアを使ってお手入れしても、どうにもならない事がある。それはどうしてかな?外からの潤いやハリやツヤの効果が出る成分をアプローチしても、体の中が受け入れる状態に整ってなければ、速攻の効果はまずあらわれない。もしかしたらず~っと長くかかるのかも?だって絶えず体は変化を繰り返しているからね。しかも年齢を追うごとにその速度は弱まり、しかも失われていく細胞が増えていく。

女子会はコラーゲン鍋

23

先日の女子会の会場はホテルにあるお食事処。和食メニューが中心だけどサラリーマンの出張で利用したり会食に使われるレストランなので豊富なメニュー。女子会プランもあるのだが季節によってメニュー内容が変わる飲み物別の格安お食事プランが、食いしん坊の私たちには嬉しいので今回はそのプランでお願いした。知り合いの息子さんの勤め先だったので、たぶん気を利かせてくれたのだろうけど、女子会風なメニューになっていた。

天使のララ

ten2

かわいいピンクのパッケージが「きれい」をキープしたい女性のイメージに合う「天使のララ」。この「天使のララ」のコラーゲンは動物のコラーゲンでなくフィッシュコラーゲンを使っています。(参考:天使のララ)

美肌だけじゃない!

q05

コラーゲンの力ってお肌や髪のツヤに限って効力を発揮するわけじゃない。体の中の細胞の間で作用するコラーゲンは何もお肌のために働くのではなく、結果的にお肌に効果が出てくるわけですね~。年齢が増えていくにつれて減少するコラーゲンは老化に影響しているといえる。たとえば骨…。最近は若い年齢の人にもいるようだけど骨粗鬆症やお年寄りに骨折とかが多いのも関係しているみたい。骨というとカルシウム!がテッパンだけど、カルシウムもただ飲んだり食べたりしてても骨になったり骨を強くしてくれるわけではないのだ。

コラーゲンを摂り入れるなら…

ten1

「コラーゲン」と聞くとプルプルのゼリー状で美肌を作る効果があるというイメージがあるけど、コラーゲンってそれだけじゃないすごいパワーがあるんです。そもそもコラーゲンってたんぱく質の仲間。細胞と細胞の間で組織を形成、保持する重要な位置にいるわけ。体は年齢とともにさまざまなところが衰えていくけど、コラーゲンも25歳くらいをピークに減少していくのだとか…。25歳から老化と言われてもなんだかせつないし、その時期は認めたくないけれどね。